相田みつを- 心の詩集 –

相田みつを- 心の詩集 –

相田みつを-心の詩集

幸せは-相田みつを
相田みつをさん...ってみなさんご存知でしょうか。もしかしたら若い方々ではご存知の方は少ないかもしれません。この方の詩集は人生を一言で語る詩集です。相田みつをの心打たれる詩はホームページ制作者である私が好きなのでこの場をお借りして紹介させて頂きます。相田みつをさんの詩たち...みなさんはどのようにお感じになるでしょうか。感じ方は人それぞれでしょうね。

相田 みつを(あいだ みつを、本名:相田 光男、1924年5月20日 - 1991年12月17日)は、詩人・書家。相田みつを美術館館長の相田一人は長男。

栃木県南西部の足利市に生まれる。栃木県立足利中学校卒業後、歌人・山下陸奥に師事。1943年に書家である岩沢渓石に師事。1953年関東短期大学夜間部国文科卒。1954年第一回個展を足利市で開く。同年平賀千江と結婚。毎日書道展初入選。1955年ろうけつ染めを学び、デザインで生計を立てる。足利市などで毎年個展を開催。1974年紀野一義のベストセラー『生きるのが下手な人へ』で紹介される。1984年『にんげんだもの』を刊行し、広く知られるようになる。

1991年、足利市内の病院で、脳内出血により永眠する(満67歳没・享年68〈数え年〉)。

相田みつを美術館は東京都千代田区の東京国際フォーラム内にあります。有楽町駅からすぐです。詩集などはTUTAYAなど一般の書店に並んでいます。文庫本タイプは安価です。

= 相田みつを美術館 Mitsuo Aida Museum =

alt=

ただいるだけで-相田みつを

道-相田みつを

奪い合えば足りぬ-相田みつを
そのときの出逢いが人生を変える-相田みつを

幸せは-相田みつを
つまづいたって-相田みつを